RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907

RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907

8935円

RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907

RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907:そして覚えておいてください:あなたが他のどこにも見つけることができない私たちの製品のほとんど! 子供の頃、アサヒペンタックスといば、「ペンタックス、ペンタックス・・・ボーエンだよ、ボーエンだよ」のTVCMが耳について離れませんでした。日食の撮影目的で、単焦点のレンズ、 Kenko 望遠レンズ ミラーレンズ 800mm F8 DX マニュアルフォーカス フィルム/デジタル一眼対応 を使いたかったので、カメラ本体に手ブレ補正機構がある一眼レフでリーズナブルな価格のものを探して、ペンタックスKシリーズにいきあたりました。(もちろん、対物側の日食フィルタ 【太陽観測フィルター】 AstroSolar フィルター 自作キット ND5 (1/10万減光) 外寸直径100mm位まで バーダー社 アストロソーラー セーフティーフィルター 黒点観察に も欠かせません)これから買うなら、バリアングル液晶、24Mピクセル、リアル・レゾリューション・システム、WiFi機能搭載のK-70の方を選ばない手はありません。(今年の北米皆既日食までに、K-70を買い足すことも検討中です)特に、太陽撮影にバリアングル液晶は必要で、これが無いK-50ではNTSCの外部ディスプレイ利用の準備をしています。尚、太陽撮影では、発色や周辺部歪み等の性能はほとんど必要なく、私自身アートには疎いので全く気になりません。慣れるために普段使いしていますが、以下の点のみ、大いに不満です。最近のコンパクトデジカメやスマートフォンでは、写真のメタデータにGPS情報が入り、後々撮影場所の確認に便利です。Kシリーズも PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012 を取り付けることにより、GPS情報を埋め込むことができますが、本体のポップアップ・ストロボが利用できなくなります。ホットシューを塞ぐため、外部ストロボも使えません。この件に関して、星ひとつ減です。他に不満はありません。やや高価になりますが、 PENTAX デジタル一眼レフ K-3II ボディ GPS内蔵 ローパスセレクタ 最高約8.3コマ/秒 16162 はGPSユニット内臓で、普段使いに良いですが、残念ながらポップアップストロボとバリアングル液晶がありません。(日食用+普段使いカメラの選択は、なんとも悩ましいです)K-70にGPSユニットが内蔵されているとパーフェクトなのですが・・・ないものねだりですね。人気を誇る,最新作の,【2021春夏新色】RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907